可児市 しみ・そばかす専門外来 皮膚科 泌尿器科【奥村皮フ科】美容皮膚科

〒509-0207 岐阜県可児市今渡1653-1
tel:057463530
しみ・そばかす専門外来
  • TOP
  • 美容皮膚科
  • しみ・そばかす専門外来

しみ・そばかす専門外来

近年しみ(肝斑)、そばかす(雀卵斑)、老人性色素斑(老人性のしみ)に対しては、積極的な治療としてレーザー治療が行われていますが、照射によりかえって、「しみ」が濃くなる場合もまれにあります。
当院では家庭で行える穏やかな作用の、「しみとり法」として、特殊な軟膏を使っていただく方法をお勧めしています。

欧米で注目されたビタミンA誘導体とハイドロキノンに着目し、10年間に1,100名以上の方に塗っていただいた結果、80から90%の有効率を得ることができました。特に濃いしみの方(色素の強いしみ)の満足度が高いようです。

※ただし、すべての方に満足が得られるとは限りません。

しみ・そばかす治療料金(自費診療)

1回の治療は3,000円から6,000円位で、治療内容により異なります。
しみの種類により治療期間が異なりますが、2週間から1ヶ月毎の通院で3ヶ月を目安とします。

※肝斑の場合は継続治療となります。
※相談のみは 2,150円でお受けします。

肝斑について

肝斑に対しては、ビタミンC錠とトラネキサム酸錠の内服、及びハイドロキノン軟膏とで、早い方では、2週間で効果がみられます。

ハイドロキノン軟膏は長期にわたっての使用は肌に負担がかかりますので、状態が落ち着いたら、コウジ酸パウダーなどでのお手入れをお勧めします。

ビタミンC錠、トラネキサム酸錠の内服は肝斑の様子を見ながら継続していただかなくてはなりませんが、ビタミンCを内服していただくことで美容面だけでなく風邪をひきにくくなるという健康面での効果も期待できます。ビタミンC静注点滴も可能です。

奥村皮フ科:概略

診療科目
皮膚科、泌尿器科
院長
奥村 哲
専門
日本皮膚科学会認定専門医
住所
岐阜県可児市今渡1653-1
電話
0574-63-5300

奥村皮フ科・奥村永久脱毛研究所へご通院いただいている患者様の地域

岐阜県可児市、御嵩町、坂祝町、美濃加茂市、川辺町、加茂郡、美濃市、多治見市、恵那市、土岐市、各務原市、岐阜市、関市、山県市、瑞穂市、下呂市、郡上市、愛知県小牧市、江南市、一宮市、犬山市、丹羽郡扶桑町、大口町、等からご来院いただいております。