可児市 プラセンタ療法・注射 皮膚科 泌尿器科【奥村皮フ科】

〒509-0207 岐阜県可児市今渡1653-1
tel:057463530
プラセンタ療法
  • TOP
  • 美容皮膚科
  • プラセンタ療法

プラセンタ療法

プラセンタ(胎盤)は胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器です。
アミノ酸・たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素に豊み、細胞の増殖や分化を促進する、話題のペプチドも含まれています。プラセンタ療法はプラセンタの有効成分を取り入れることにより体の各組織を活性化しアンチエイジングや更年期症候群や肝疾患の改善を目ざすものです。(当院では基本的に自費診療となります)

そのプラセンタを安全に活用していただく2つの方法をご紹介します。

(税別)
プラセンタ注射
(ヒトプラセンタ)
プラセンタサプリメント
(豚プラセンタ)
◆1アンプル 1,000円
◆2アンプル 1,500円
◆初回初診料 3,000円

※医薬品として認可を受けた生物製剤ですが、プラセンタ注射治療中は、献血ができません。

1箱 430㎎×100粒入り
メーカー希望小売価格 15,000円

※3錠で注射1アンプル相当
※お忙しくて通院時間がとれない方、注射が不安な方におすすめです。

プラセンタ活用法

▼ 週に何回注射を打ったらいいの?
▼ サプリメントはいつ飲むの?

特に決まってはいませんが、注射は週に1回程度を目安に定期的にお続けください。
サプリメントについては金沢大学 産科・婦人科学教室の小池先生が臨床に応用されています。
毎食後1錠ずつ服用されてもよいし、朝・夕2錠ずつ…という方もいらっしゃいます。
いずれにしても “きれい” が作られる(夜10時~午前2時)の前には服用していただくとよいでしょう。
最近では、記憶力回復にも役立つとの論文発表もあります。
(日本更年期医学雑誌 vol.18)

JBP ポーサイン100 1箱 430mg×100粒入り
JBPプラセンタエキス(ブタ)100%のカプセルです。
ヒト由来のプラセンタ医薬品を製造している 株)日本生物製剤が、医療用薬品と同じ抽出技術を、日本国内産のブタのプラセンタに応用して作ったサプリメントです。
添加物を一切含まない純粋なプラセンタエキスの真価のカプセルです。

奥村皮フ科:概略

診療科目
皮膚科、泌尿器科
院長
奥村 哲
専門
日本皮膚科学会認定専門医
住所
岐阜県可児市今渡1653-1
電話
0574-63-5300

奥村皮フ科・奥村永久脱毛研究所へご通院いただいている患者様の地域

岐阜県可児市、御嵩町、坂祝町、美濃加茂市、川辺町、加茂郡、美濃市、多治見市、恵那市、土岐市、各務原市、岐阜市、関市、山県市、瑞穂市、下呂市、郡上市、愛知県小牧市、江南市、一宮市、犬山市、丹羽郡扶桑町、大口町、等からご来院いただいております。